2013年03月25日

おしゃれの工夫♪

 
こんにちは、事務の菅谷です。

今日は春に向けて、おしゃれの工夫について

お話ししたいと思います。

ill_kadan06.gif



だいぶ暖かくなってきました。

おしゃれをして外に出掛けたくなりますね。

身体が不自由なお年寄りにとって自分ひとりで脱着するのは大変で、

ボタンやファスナーに手間がかかり、

おしゃれをしたくてもなかなか楽しめない

という方は多いかと思います。

そんなときは、ボタンよりも簡単なマジックテープを活用してみましょう。

ボタンが付いている洋服の裏にマジックテープをボタンと同じ間隔で縫い付けてみてください。

不自由さが少し減るかと思います。

ちなみに今年の春、流行の注目色はグリーンやブルー系のようです。

ぜひおしゃれを楽しんでください。

icon_mitubachi07.gif



posted by 吉原介護 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務

2013年03月21日

吉原介護センターの社訓

こんにちは

事務室長の長原です。

今日は、吉原介護センターの社訓について書きたいと思います。

吉原介護センターには、5つの社訓があります。


一、「会社はお客様のためにある」「お客様の心を心とせよ」

  どうしたら他人を喜ばせることが出来るのかということを毎日毎日考えること。






二、お客様との接点を大事にしお客様に心から満足を提供すること。





三、お客様に喜ばれお役に立ちなんらかの社会的な新しい

  価値を生み出して得た利益を追求のこと。






四、働くことは、傍(はた)を楽にすることと常に考えること。





五、「感謝こそ意欲の源泉」人は感謝することにより

   不思議な力を授かると思うこと





この社訓は、理念に基づいたものになっています。

どうしたらお客様を喜ばせられるのかを考え、喜びついて考える機会を

職員に持ってもらいたいと考えています。

私の好きな社訓は4番目の


働くことは、傍(はた)を楽にすることと常に考えること

です。

この言葉は、働くの語源になっている言葉です。

江戸時代の人たちは、午前中は仕事をして

午後は傍(はた)を楽にする活動をしていました。

傍(はた)とは、世間のことです。

世間のため、地域の人のために活動をしていました。

現在では、公共事業や、民間業者の方が行ってくれますが。

この精神を忘れてしまったら、いい仕事はできなくなってしまいます。

傍のために自分のできること、会社のできること

を考ていくことが大事ではないかと思います。

吉原介護センターも傍(はた)のために何ができるか

日々考えながら事業をおこなっていきます。
posted by 吉原介護 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務

2013年03月19日

【デイサービス】幸せな悩み【とある送迎中の一コマ】

皆さんご無沙汰しております。

事務の若林です。


吉原介護センターのホームページもリニューアルしてから、

2年近くが経ちました。

大分情報が古くなってしまっているので、


来月中に更新したいと考えています。


4月よりブログの毎日更新(日曜日を除く)

目指していきますので

こちらもよろしくお願い致します。



私はデイサービスの

帰りの送迎によく乗車しています。


ブログで送迎中の様子を

(たまに)ご紹介したいと考えています。


曜日ごと同乗する利用者さんは


ある程度決まっていますので、

同乗する自分も含めて、みんな仲良しです!


曜日によって会話の内容が

ぜんぜん違うのでいつも刺激的です。


木曜日はとかく元気な方が多く、


ご飯の話題が多いのが特徴です。


その日もAさんの


「今日の晩御飯は何かな?」


から会話が始まりました。



Aさん
「うちに帰ると私の晩御飯、
 用意されているから楽しみだよ〜」

Aさん
「ただ…最近、同じようなご飯ばっかりで飽きてきたよ〜」

         ・
         ・
         ・
いつもはお肉が好きとか、昨日お寿司を食べてきた…

というような会話になるのですが、

今日はいつもと少し違うみたい。
         ・
         ・

         ・
Bさん
「私のところも同じようなご飯ばかりだな〜」

Cさん
「どこもおんなじ悩みを持ってるんだねぇ」


Aさん
「また、同じようなご飯と思っても口には出せないよ〜」

Bさん
「私はすぐに言ってしまうけどね」


Aさん
「嫁さんが一生懸命考えてご飯、
 用意してくれたそんなこといえないよ」

Bさん
「それはそうだな。

 うちも嫁っ子にはいつも感謝しているよ」

Aさん
「でも、たまには美味しいものも食べたいよなぁ」
          ・
          ・
          ・

というような会話が続きました。

私も家では

「今日は、何食べるよ?」

と聞かれれば、

「なんでもいいよ」


とか

「あるもので適当に・・・」

なんて答えることが多くて、

ご飯を作ってくれる人への感謝の気持ちが

表に出ることが少ないと気付かされました。



美味しいご飯を食べたいという願望はあるけれど、

ご飯を作ってくれる人への感謝の心はいつも忘れない。


私も見習っていかなきゃと、感心したのと同時に、

優しくて幸せな悩みだなぁ。と温かい気持ちをもらいました。
posted by 吉原介護 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務

春ですね(*^^*)

 
DSC_0307.jpg










こんにちは、ヘルパーサービス本吉原の裸野です。

3/19(火) 富士市の小中学校の卒業式ですね。

卒業を迎えるみなさん おめでとうございます(*^▽^)/★*☆♪♪

前夜の嵐も過ぎ去り、暖かい一日になりましたね(^^)

事務所では、

DSC_0306.jpgDSC_0305.jpg





ヘルパーさんが植えてくれたチュウリップや

花壇のスイセンが咲いてきました。

春の訪れですね〜

暖かくなったり、寒くなったりで体調崩される人も多いですが、

がんばっていきましょう(p^-^)p

DSC_0308.jpg

 


posted by 吉原介護 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | HS

2013年03月08日

吉原介護センターの理念

こんにちは

事務室長の長原です。


今日は吉原介護センターの理念についてお話します。

吉原介護センターの理念は

 
喜ばれる経営
感謝される経営

 
です。


感謝を辞書で調べると

有り難いと思う気持ちを表すことです。

有り難いを調べると人の好意などに対して、めったにないことと感謝するさま

となります。

ですから私たち職員はめったにない喜びをあたえ続けなければ

感謝されることはないと考えています。

また私たちは利用者さんから感謝を頂くことが

たくさんあります。感謝をいただき日々の喜びをもらう

そして利用者さんに喜びをあたえることができるそう信じています。

また感謝言葉の

 
ありがとう

 
この言葉も大事にしています。

ありがとうを普段から使い慣れてもらいたいと思っています。

普段の何気ない会話でもありがとうを付け加えると、

言葉の意味合いがまったく違ってきます。

ですからありがとうのあふれる会社にしたいと思っています。

posted by 吉原介護 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務
吉原介護センターのブログ